寄宿学校のジュリエット 第99話ネタバレ 雑務係候補生!

      2019/04/10

  

今回は「寄宿学校のジュリエット」の99話(2019年4月3日発売)について、ネタバレ&考察記事を書きたいと思います。

ぜひ読んでくださいね!

 

Sponsered Link

 

朱奈とアメリアと晃葵

 

執務室では露壬雄をはじめ監督生たちが慌ただしく作業に追われています。

 

 

朱奈は露壬雄に声をかけましたが、あまりの忙しさに後回しにされてしまいます。

 

 

校庭のベンチで『ぷー』とほっぺを膨らませて不満気な朱奈の元に、アメリアと晃葵が集まってきました。

 

 

朱奈:「露壬雄様が全く構ってくれない! さみしい~!」

 

アメリア:「アメリもジュリと遊びたいのに全然でさ~ つまんな~い」

 

晃葵:「オレも高等部になったら姉ちゃんと毎日一緒にいられると思ったのに・・・」

 

朱奈&アメリア:「重度のシスコン 引くわ~」

 

 

それぞれさみしさや退屈さを感じている3人ですが、朱奈が名案を思いつきます。

 

 

 

「そうだ! 皆さんで雑務係になりませんか!?」

 

 

新雑務係誕生?

 

さっそく3人は執務室に行き、監督生の仕事を分けて欲しいと頼みます。

 

 

手伝ってもらうことに賛成のペルシア。

 

 

実は修学旅行は2年生全員で【ウエスト】に行こうと計画を立てています。(今までは黒犬は東和、白猫はウエストに行っていました)

 

ですがこの計画を実行するためには、たくさんの難題があります。

 

 

まず、修学旅行に参加する2年生、200人分の宿泊施設が必要です。

 

そして移動手段の手配。

 

さらに寮監の了承印も取得しなければなりません。

 

 

ですが、これは第一段階に過ぎません。

 

 

とにかくこの第一段階をやり遂げようと奮起する3人組。

 

さて、どうなることでしょうか・・・?

 

 

初ミッション開始!

 

張り切る朱奈・アメリア・晃葵の3人組に相対して、心配気味の露壬雄、ペルシア、蓮季の監督生3人組。

 

 

執務室を出た朱奈たちは分担して仕事をすることにしました。

 

 

アメリアは寮監の了承印ゲット、晃葵は移動手段の確保、朱奈は宿泊施設の手配を目指すことにしました。

 

 

寮監のところへ行きギャル語全開で事情を話すアメリアですが、寮監はその上を行く意味不明な言葉を発するので、お互いに話が通じません。

 

 

そこへアメリアママ登場。

 

 

3人が言いたい放題で全くまとまる気配なしです。( ̄∇ ̄;)

 

 

一方、晃葵。

電話でウエスト行きの船の問い合わせをするも、修学旅行シーズンで10件すべて全滅です。

 

 

朱奈は旅行会社に足を運びますが、200人も泊まれるホテルはないと言われてしまいます。

 

その上、

「東和民が大勢でウエストに行っても歓迎されないし、馴れ合いはこの間の体育祭とか、学園の中だけにしておくんだな」

 

と、説教まで受けてしまいます。

 

 

さらに別の店員から

 

「こんな企画を考えた奴はとんだマヌケだな」

 

 

とバカにされてブチ切れてしまい、椅子を天井まで蹴り上げてしまいます。

 

 

朱奈:「すみません 天井にゴキブリがいたので思わず・・・ それより誰がマヌケか教えてもらえますか?」

 

 

青ざめる店員・・・😱

 

Sponsered Link

 

さすがは監督生!

 

やる気満々だった先ほどとは打って変わって、執務室に戻ってきた朱奈たち3人は全員失敗に終わり意気消沈しています。

 

 

そこへ玲音、スコット、アビが入っていきました。

 

 

玲音:「犬塚 宿泊予約完了したよ」

 

 

ホテルはどこも一杯だと断られた朱奈は驚きます。

 

 

玲音が言うには、ウエストに研修や合宿のためのダリア学園の研修センターがあるとの事。

 

格安な上にダリア学園の施設なので、当然黒犬の生徒が泊まっても文句が出ないという完璧な場所です。

 

 

朱奈:「そんな所があったなんて・・・」

 

 

ウエストまでの移動手段については、直行便はムリなので途中で飛行機に乗り換える案をスコットが提案します。

 

 

晃葵:「なんだって・・・」

 

 

修学旅行用の資料を作り寮監にプレゼンをしたアビも、寮監の了承印をあっさりと手にしていました。

 

 

アメリア:「何 その資料! ヤバみざわ~!」

 

 

玲音&スコット&アビ:「これくらいならできて当然だよ 監督生ですから」

 

 

朱奈&アメリア&晃葵:「すごいけど・・・ うざっ」

 

 

 

再起を誓う

 

露壬雄・ペルシア・蓮季は励ましの言葉をかけますが、迷惑をかけてしまい、このままでは雑務係になれないと落ち込む朱奈。

 

 

露壬雄:「まだ一番 大変な作業が残ってるんだった」

 

朱奈:「何でしょうか?」

 

 

ウエスト行きを決定するためには2年生の過半数以上の同意がいるので、署名活動で100人以上のサインが必要となります。

 

 

露壬雄:「誰かがやってくれたら助かるんだけどな~」

 

 

朱奈たち雑務係候補生はこの言葉に喰いつきます。

 

 

「やらせてください 今度こそ挽回して必ず雑務係になってみせます!」

 

今回はここまでとなります。

 

Sponsered Link

 

感想・考察!

 

朱奈・アメリア・晃葵の3人は、それぞれやる気が空回して結果は出せませんでしたが、監督生たちはさすがです。

 

個性が強すぎてなんだかんだありますが仕事は抜群にできます。

 

玲音は暗黒時代がありましたけど、仕事できる 頭が切れる カッコイイ。

 

朱奈・アメリア・晃葵

 

露壬雄・ペルシア・蓮季

 

玲音・スコット・アビ

 

3人3グループがそれぞれの味が出ていておもしろかったです。

 

来週は朱奈たちの頑張りが見どころとなりそうですね。

 

 

 - 少年マガジン