寄宿学校のジュリエット 第84話 ネタバレ&考察!

   

  

今回は「寄宿学校のジュリエット」の84話について、ネタバレ&考察記事を書きたいと思います。

ぜひ読んでくださいね!

Sponsered Link

 選挙投票前日の朝の出来事・・・

ペルシアは露壬雄を探すために、ジュリ男に扮して黒犬の寮へ潜入します。

廊下を歩いていたジュリ男は、部屋から出てきた寝起きの丸流と遭遇。

ジュリ男に寝起き姿を見られた丸流は、慌てて部屋に戻ってしっかり着替え、何事もなかったように再度部屋から出てきます。

新聞を片手に

「株価が下落したのか あ?ジュリ男じゃねえか・・・ 気が付かなかったぜ」

と小芝居をしますが、当のジュリ男は露壬雄を探すことに夢中でスタスタと行ってしまいます(笑)

「なんだよ オレに会いに来た訳じゃねぇのか・・・」

と、丸流は内心ガッカリしながらもジュリ男を追いかけて話しかけます。

「お前 留年したんだってな バカだったんだな・・・」

それに対してジュリ男は軽く流しながら、

「それより犬塚知らない?」と聞きます。

「また犬塚かよ 知らね~~」と不満気ながらも 「一緒に探してやる トモダチだからよ」とちょっぴり下心もありつつも優しい丸流君。(^^)

『オレが頼りがいのある奴だと分かれば もっと仲が深まって・・・』と、部屋で一緒にゲームをするような親友になれることを妄想します(笑)

 

しかし丸流の妄想もつかの間・・・

「ジュリ男様 お久しぶりです!!」と朱奈ちゃん登場!

ジュリ男は朱奈ちゃんに

「露壬雄を探してるんだけど知らない?」

と聞くと、朱奈ちゃんも露壬雄に会いに行くとのこと。

「一緒に探しましょう! トモダチですから!!」

と言う朱奈ちゃんに、

「ドチクショウ!! セリフまでかぶってるし!」

とライバル心むき出しの丸流。

 

そこで丸流は

「犬塚はお前のピンチには絶対駆けつけると言っていた」

と朱奈ちゃんにホラを吹いて、ピンチのふりをさせるため、朱奈ちゃんを縄で縛ってしまいます。

そして自分はジュリ男と2人で行動をしようとたくらみます。

 

しかーし!蓮季・晃葵登場!!

そして、さらに集まるジュリ男の友達たちに

「詰んだ・・・」

と丸流は肩を落とします。

 

Sponsered Link

最終的にたくさんの友達が、露壬雄を探してくれましたが結局ジュリ男の門限近くなっても見つかりませんでした。

「ちっ・・・つまんねー 寝てればよかったぜ・・・」

ふて腐れ君の丸流に

「丸流!手伝ってくれて ありがとう! またな!」

と、笑顔で手を振るジュリ男。

その笑顔にやられてしまった丸流は

「まぁ いつでも頼れよ 世話が焼ける奴だ」

と、すっかり機嫌が直ります。

 

そこへ縄で縛られたまま放置されたブチ切れ朱奈ちゃんが・・・

「ウソつきましたね!? 許しません!!」

「ちょと待て よせ・・・ アー!!」

 

ジュリ男はウイッグを外してペルシアに戻りつつ、帰り道を歩いていると、なんとマンホールのふたが開いて、中から露壬雄が出てきます。

 

「少し考え事をしたくて 寮だと騒がしいから地下に籠ってた」

 

そんな露壬雄にベルシアは

「思い悩んでいるようだったから、何か相談に乗れたらなって 黒犬の寮に潜入したの」

と告げます。

1人で寮に行ったペルシアに

「心細かったろ?」

と気遣う露壬雄ですが

「みんなが一緒に露壬雄を探してくれたおかげで楽しかったわ」

と言うペルシア。

だけど、ジュリ男じゃなくてペルシアだってバレたら、そんな楽しい関係が崩れてしまうのではないかと寂し気な表情を浮かべます。

 

「そうならねぇようにオレ達が代表になるんだろ?」

二寮の仲を結びつけて、みんなに楽しい気持ちを気付かせてあげようぜ!

 

「じゃあまた明日」

と、2人は別れますが、なんと・・・

すぐ横にある小窓が何やら意味深に開いていたのです!

 

そして運命の投票日。。。

続きは次週!

 

Sponsered Link

感想・考察

露壬雄とペルシアの関係はやはりいいですね~

投票結果や二寮の関係性がどうなって行くのか、ますます目が離せません。

開いていた小窓ももちろん気になります。

次週にも期待ですね!

 - 少年マガジン