寄宿学校のジュリエット 第88話 ネタバレ&考察!

   

  

今回は「寄宿学校のジュリエット」の88話について、ネタバレ&考察記事を書きたいと思います。

ぜひ読んでくださいね!

 

Sponsered Link

 

投票の行方は・・・?

 

前号の最後で「友達の味方になるだけだ」と言って露壬雄とペルシア側に着いた丸流に、玲音は「がっかりだよ」と言い放ちます。

 

あくまでも白猫のことは嫌いな丸流ですが、ジュリ男との友情を大切に思う気持ちは否定できないものになっていたのです。ほんとジュリ男のこと大好きですもんね~。

 

そしてその気持ちに素直に従った行動とは・・・

 

 

「てめーに一票 入れてやるよ」

 

 

そう言って用紙に「犬塚 露壬雄」と記入すると、そのまま投票箱へIN!!

 

 

露壬雄「お前 いい奴だな」

丸流「ジュリ男のためだ!」

 

 

という、いかにもいつもの2人っぽい会話が進む中、

 

玲音は「丸流1人が露壬雄とペルシアの味方になったところで、状況は何も変わらない」と、さすがに冷静です。確かにその通りですよね。

 

 

「オレに賛同する奴はいねーのか? ジュリ男は友達じゃねぇのか? 追放させてもいいのか? それともジュリ男は仲間じゃねぇのか?」

 

 

丸流はみんなに問いかけます。

 

 

そして古羊、土佐の2人が「丸流君について行く」と露壬雄に投票。

 

 

次にシャル姫がペルシアに、立候補者である蓮季までもが露壬雄に投票します。

 

露壬雄とペルシアが付き合っていることを、以前から知っていたことも明かしたシャル姫と蓮季は、2人は何があっても引き離せない程お互いを想っていること

 

そしてどうしたら黒犬と白猫が分かり合えるか、いつも本気で考えているということを、みんなに伝えます。

 

だからこそ2人を助けたくなるのだと。

 

 

ですが、こんなことで黙る玲音ではありません。

 

 

「本気で黒犬と白猫が仲良くなればいいなんて思うか? こいつらが考えてるのは私利私欲のことだけだ!」

 

Sponsered Link

 

まだ続く?露壬雄とペルシアへの投票

 

そこへ更に2人の味方をしようとソマリがやってきます。

 

 

「2人には何の得にもならないのに、泣いていたソマリを助けてくれた だから私利私欲なんかじゃない 今度は2人をソマリが助けるの!!」

 

 

そう言ってペルシアの名前を記入します。

 

これにビックリしたのがアビ。

 

 

「オレに入れんか!ε=┏( >_<)┛」と走ってきますが、

 

 

ソマリはあっさり「ペルシアちゃんを助けたいの」とそのまま投票します。

 

まぁ、アビもいい奴ですからね~。

 

 

「犬塚には学際でステージを救ってもらった借りがあるからな・・・」と下唇をかみしめながらも恩義は忘れていませんでした。

 

 

あくまでも「代表になるのはこのアビだ」とおっしゃっていますが・・・w

 

 

そして次に現れた露壬雄とぺルシアの味方は・・・

 

どんな壁にも立ち向かって乗り越える露壬雄から、何度も勇気をもらったという手李亞。

 

 

「露壬雄君は誰かのために頑張れる人なんだよ それは誰もがなろうと思ってなれるものじゃない 君はこの学園に必要な人」

 

 

と言って胡蝶と一緒に露壬雄に投票してくれました。

 

 

動揺が走る玲音とその他の生徒たち

さて、露壬雄とペルシアを擁護する意見を次々に言いながら、2人に投票していく面々を目の当たりにして、さすがに他の生徒たちは動揺が走っている模様です。

 

もちろん一番動揺しているのは玲音です。

 

 

「なんでこいつらの味方をする奴が次々と・・・」

 

 

あせりと悔しさがにじんだ表情で、露壬雄・ペルシア擁護派を睨みつけています。

 

とは言え、この段階ではまだまだ人数的に玲音が有利なんですけどね。

 

続きが気になるところではありますが、今週はここまでとなります。

 

Sponsered Link

 

感想・考察

実は玲音の手下が「立会人がいないんだからあんな票は無効だ」って言う場面があるんですけど、私もそこが気になってるんですよね。

 

立会人がいない投票に有効性はあるのでしょうか・・・?

 

そして露壬雄とペルシアに投票してくれた人たちは、まだたったの8名です。

 

次号で、どれだけ2人を推してくれる人が増えてゆくのか楽しみです。

 - 少年マガジン